登場の背景 ソフト概要 購入 インストール 操作方法 拡張機能 ヒント お問合せ
1.音声読み上げ
2.パブリッシャー
3.My RCM オンラインリポート
4.My RCM オンラインストリーミング

5.タイムスケジュール
 1.音声読み上げ

RCMでは、音声機能が充実しています、デフォルトで英語、ドイツ語、日本語のセットが準備され、イベント設定により任意の音声ファイルを再生することが出来ます
環境設定/言語/マイクのアイコン(音声)でJapaneseを選択することにより日本語セットが使用可能となります

音声イベントを設定するには、レース管理から音声・字幕メッセージ/音声管理を選択します

また、計測画面のツールボタンからも音声アナウンス管理ウインドウを開くことが出来ます


レース情況に伴い、RCMではこのタイミングで音声ファイルを再生するというリンクが貼られています
上図の音声イベントリストでこのリンクのアクティブ・非アクティブの選択が出来ます
緑のドットがアクティブ、非アクティブの場合は赤ドットで示されます

各イベントをダブルクリックするかイベントの設定で有効にするのチェックボックスでオン・オフとなります

上の例だとスタート30分前にアナウンス25分から4分前は無音、3分前から20秒前まで、スタート前カウントダウンをフリー、プラクティス〜決勝まで行うようになっています
レース管理、残り時間も個別に設定できます

イベントによっては、数種類のファイルを選択する場合もありますので左赤丸をクリックしてファイルを選択してください

その他、ファイル名を直接指定する場合は手動で設定します

ファイル名は英語で表示されています

選択したファイルを試しに再生する場合はスピーカーボタンをクリックすることにより再生して視聴することが出来ます

デフォルト以外の音声ファイルや、設定の異なる音声読み上げを保存する場合は音声セット作製して保存、呼び出しが可能です


 2.パブリッシャー
RCMはレース管理ソフトですから、計測中に計測以外の操作をする場合もあります、瞬間的に計測結果を見ることが出来なくなることも想定され、レースに集中している助手にとっては迷惑なわけです
そこで、レースモニター用のアプリとしてパブリッシャーが準備されています
スパークのRモニターやマイラップスモニターと同様なソフトといえます
RCMと同様にインストール、言語変更で日本語を選択して使用準備を行います
インストールが成功すると左のアイコンが生成されます


画面構成はRCMの計測画面とほぼ同じですが、タイムスケジュールに対する遅延表示を非表示にすることが出来ます

RCMとの接続は、RCMの接続設定でパブリッシャーを選択し、アクティブをチェック、このとき接続IPアドレスとポート番号を確認し、パブリッシャーのメニュー設定からオプションを選択しNetworkで接続設定をあわせ接続をアクティブにします

RCMを起動したPCで計測画面上ヒートを選択することによりパブリッシャーの画面表示がリフレッシュされます

またsettingにより、下部のメッセージパネルを非表示にしたり

RCMのカウントダウンを拡大、もしくは全画面表示し助手がスタートのタイミングを適切につかむことが可能となります

また表示を設定時間分ずらして時間差表示することも出来ます
使用条件に合わせて設定してください

カウントダウン全画面表示
 3.オンラインリポート
イベント毎のレース情報、ドライバーリスト、ラップチャート、予選、決勝結果等をインターネットに自動転送表示させる機能です、掲載ページにリンクを貼っておけば、改めてレース結果を編集・アップロードする手間はありません
この機能を使用するには、イベント登録時にMy RCMのチェックボックスにチェックを入れ、RCMサーバーへのFTPファイルの接続設定をします

イベント作成時もしくはイベント管理の画面でMyRCMにチェックを入れ、機能を有効にします

次に接続設定の中りオンラインリポートFTP Sync1を下記画像を参考にして設定してください、UsernameとPasswardはソフト購入時に発行されるアカウントを記入してください、また、インストール後のデフォルト(既定)ではPortが22に設定されていますが、21に変更してください、設定を保存後、インターネットに接続したパソコンでレースを実行すれば、順次データがRCMサーバーに転送されMyRCM WEBサイトで結果を閲覧できます


 4.オンラインストリーミング
レースをリアルタイムでインターネットで計測画面を配信する機能です、ライブストリーミング配信されますから、地球の裏側に居てもリアルタイムでレースを実況することが出来ます
この機能を使用するためには別売りのWEB Publisherが必要となります、基本的な操作はPublisher と同じで、計測ソフトからパブリッシャーに送られたデータをMyRCMにアップロードするためのソフトです、計測ソフト起動PCで同時に起動するか、ネットワーク上の別PCで起動してデータ転送できます

起動すると画面下の黒い部分に接続ステータス(情報)が表示され転送情況を確認することが出来ます、アップロードしたレース実況画面はMyRCMのWEBサイトで該当イベントを指定の後、Online Streaming オンラインストリーミングをクリックすると閲覧することが出来ます